eftaxのインターンに参加したきっかけを教えてください。

事業会社からのプロジェクションマッピング技術を用いた開発案件を抱えていたeftax社員から、声がかかったのがキッカケです。

「TouchDesigner」というプロジェクションマッピング用ソフトの入門イベントが大学であり、私はそこでプロジェクションマッピングに興味を持ち制作等を行っていました。大学にメンターとしてやって来たeftax社員がそんな私を目に留めて、インターン生にお誘いくださいました。

インターンシップ先を探していたわけではなかったのですが、自分に興味のあるプロジェクションマッピングに関わることだったので是非やってみたいと志願し今に至ります。

現在取り組んでいるプロジェクトを教えてください。

谷元フスマ工飾株式会社様のプロジェクションマッピング技術を活用した新しい襖製品の研究開発に取り組んでいます。

襖の動きに合わせて柄が動く新製品の開発に、IoTデバイス開発やAndroidソフトアプリケーションの研究開発・制作といった面で携わっているところです。

(詳しくは株式会社eftax事例紹介ページ「谷元フスマ工飾株式会社様におけるIoT技術を活用した製品開発事例」をご覧ください)

インターンで一番大変だったことはなんですか?

今取り組んでいるプロジェクトで用いるシステムはAndroidアプリを経由して制御しているのですが、Androidアプリケーション開発を私はやったことがありませんでした。特にBluetooth接続がなかなか安定せず難しかったです。結局、eftaxの担当者からテスト品ではなく本番環境で使うセンサーを試してみたらとアドバイスを受け試してみたところうまくいきました。試行錯誤したり、eftax担当者に相談したりしながら、製品化に向け進めています。

eftaxでインターンをして良かったことは?

機械を動かすことへの憧れがあり、私にとってプログラミングは趣味のようなものでした。自分だけだと自己満足で終わります。しかし今回、谷元社長のご要望を取り入れ、eftax社員と協力しながら、ちゃんと一つの形にできあがっていくという経験を積めたのは私にとって大きいですね。

Related Article